患者様一人一人が受診されて

穏やかな気持ちで過ごし

安心して通院できる  クリニックを目指して

受付終了時間は、全て診療終了時間の30分前となります。また、初めてコンタクトレンズをされる方は、受付終了1時間前までに受診ください。

2024年 6月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2024年 7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
2024年 8月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
お盆休み当番
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

休診日

祝日

  • 当番:その月の当番医です。
  • 代診:学会出張のため、代理の医師による診療が行われます。

診療内容

見え方を維持する事が治療の使命

眼科では、見え方を維持する事が治療の使命と考えております。外界からの情報の90%は眼から入ってくる、と言われております。見え方を維持する事は生活の質を保つためには非常に重要な事だと考えます。屈折異常(近視や遠視、乱視、老視など)に対する治療としましては、主には眼鏡処方やコンタクトレンズ処方など、白内障に対しては手術治療を行いたいと存じます。

また、近年失明原因の第一位となっている緑内障は、日常の診療の中でかなりの頻度で目にする疾患です。主には慢性的に徐々に視野が欠損する疾患ですが、なかなか自覚症状が出るのが遅く、症状を自覚する頃はかなりの進行期で、治療が困難になっている事がほとんどです。そのため、日本眼科医会、日本眼科学会などでも、早期発見のための、検診の促進、日本緑内障学会によるライトアップイングリーン運動など、啓蒙に力を注いでおります。40代以上の20人に一人、70代以上の9人に一人と高齢化に伴い、罹患率が上昇します….

院長挨拶

患者様に信頼されるクリニック

昨今、医学は急速に進歩しており、疾患の概念、治療などは日々刻刻として変化しております。全ての疾患について最新の治療を行う事は簡単ではありません。
しかし、一人一人の患者様にとってその症状に対し、最適な治療が出来ますよう、日々鍛錬を重ねてまいりたいと思っております。

みやじまアイクリニック院長

松浦敏恵

アクセス

通いやすいロケーション

電車でお越しの方

広電阿品駅より徒歩約3分
JR阿品駅より徒歩約7分

お車でお越しの方

専用駐車場があります。